live-serverをグローバルインストールする【javascript/npm】

javascript

live-serverとは簡易ローカルサーバーを起動できるnpmのパッケージです。
開発環境を立ち上げるほどでもないときに、手軽に使えるので便利。

今回、live-serverをグローバルインストールしたのでメモ。

グローバルインストールとローカルインストール

npmでパッケージをインストールする時、グローバルとローカル。どちらにインストールするか選択できます。

ローカルインストール

まずローカルインストールですが、live-serverをローカルインストールするには次のようなコマンドを実行します。オプションの「–save-dev」は開発環境で使用するという意味です。

$ npm install live-server --save-dev

live-serverはプロジェクト(ここではsampleディレクトリ直下)のnode_modulesディレクトリにインストールされ、package.jsonにも登録されます。

ローカルインストールした場合、インストールしたディレクトリ以外では使用できません。

グローバルインストール

特定のプロジェクトだけでなく、今後全てのプロジェクトで使用できるようにしたい場合はグローバルインストールします。

インストールはオプション-gをつけます

$ npm install live-server -g

グローバルインストールした場合のインストール先はどこになるか?
確認するにはwhichコマンドを使います。

$ which live-server
/Users/username/.anyenv/envs/nodenv/shims/live-server

私の環境では「anyenv」という複数バージョンを管理できるツールを入れているので、イントール先は.anyenvディレクトリになります。
通常だと「/usr/local/bin」ディレクトリになるのでしょうか。そこはちょっと確認できす。。

なお、グローバルインストールした場合はpackage.jsonには登録されません。

これで、 live-serverはどのプロジェクトからも使用できるようになりました。

live-serverを使ってみる

早速live-serverを使ってみます。ます、ウェブ表示させたいディレクトリにcdコマンドで移動します。
※今回は、sampleディレクトリに移動します

移動したら「live-server」を実行します。
実行すると自動的にIPアドレスとポートが割り振られてブラウザが立ち上がります。

$ live-server
Serving "/Users/username/Documents/workspace/sample" at http://127.0.0.1:8080
Ready for changes

ブラウザが立ち上がったらlive-serverのインストールは成功です!これで確認の度にサーバーにアップする必要がないので便利です。

ちなみにブラウザ表示はctrl + cで終了できます。

コメント