カテゴリー
Linux

vimのカスタマイズとよく使うコマンドについて

まずvimを使いやすいようにカスタマイズします。
今回は必要最低限の設定だけなので、必要になったら順次追加していこうと思います。

vimの設定をカスタマイズする

一般ユーザーで作業していることを前提とします。

ホームディレクトリにある.vimrcファイルを編集します。.vimrcファイルがなければ作成します。

$ vim ~/.vimrc

.vimrcに以下を記述

"行番号を表示
set number
"日本語の文字化け防止
set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set fileformats=unix,dos,mac
" 対応する括弧を表示
set showmatch

今回、.vimrcファイルがなかったので、一般ユーザーのホームディレクトリに作成しました。

このままだとroot環境ではカスタマイズした設定が反映されません。。そこで、/root/以下に.vimrcファイルのシンボリックリンクをはります。

$ sudo ln -s ~/.vimrc /root/.vimrc

※sudoで実行しないとPermissionエラーになります。

vimでよく使うコマンド

vimにはノーマルモード、インサートモード、ビジュアルモードの3つのモードがあります。
良く使うコマンドをまとめました。

ファイルの終了

ファイルの終了に関するコマンド

:wq 保存して終了  ※ショートカットshift +  z z(連続押下)
:w 保存
:q! 保存しないで終了

モード切り替え

インサートとヴィジュアルモードの切り替えは、ノーマルモードから行います。

vimを立ち上げたときはノーマルモードになっていますが、別モードになっている場合、escでノーマルモードに戻ります。

iまたはa インサートモードに切り替え
v ビジュアルモードに切り替え
esc ノーマルモードに切り替え

ノーマルモードのコマンド

カーソル移動

h左に移動
j下に移動
k上に移動
l右に移動

^行頭に移動
$行末に移動
%対応するカッコに移動
gg(連続で押下)先頭行に移動
G最終行に移動

コピー&ペースト

yy(連続で押下) 一行コピー
pp(連続で押下) 一行ペースト

削除

dd  (連続で押下) 1行削除(切り取り)ペーストが可能になる
x 一文字削除
Dカーソル位置から行末まで削除
d$(連続で押下)カーソル位置から行末まで削除(Dと同じ)

d^(連続で押下)カーソル位置から行頭まで削除

[ad]アンドゥ

u取り消し
ctrl+r取り消しの取り消し

検索

/検索

【検索結果の順番】
n 順方向へ検索する
N 逆方向へ検索する

ビジュアルモードのコマンド

ビジュアルモードにすると範囲を選択できるので便利。

使用するときは、まずescでノーマルモードにする。
カーソルを操作したい箇所に移動してv
※ビジュアルモードに切り変わる

コピー&ペースト(範囲選択)

矢印キーで範囲を指定してyヤンク(コピー)

貼り付けたい位置にカーソルを移動する

shift + pヤンク(コピー)した部分をペースト

削除(範囲選択)

カーソルを操作したい箇所に移動してv
※ビジュアルモードに切り変わる

d選択範囲を削除