dockerでnginxを起動する方法

nginxの公式ページを確認

dockerhubのnginxページを確認。基本コマンドはここに書いてあります。

Docker Hub

nginxコンテナを起動する

「Exposing external port」の項目に記載さているコマンドを参照します。

$ docker run --name some-nginx -d -p 8080:80 some-content-nginx

オプションの意味

オプション名意味
some-nginx任意のコンテナ名
-dバックグラウンドで実行
8080:808080はローカル側のポート番号、80はコンテナ側のポート番号
※コンテナ内で80番ポートに接続した後、ホストマシンに8080番号に転送する
some-content-nginxイメージ名

ブラウザのURLに「http://localhost:8080」を入力してnginxの初期画面が出れば成功

ファイルをマウントしてnginxコンテナを起動(バインドマウント)

ホストマシン側のファイルをコンテナ側にマウントしてnginxコンテナを起動します。

nginx公式ページにある「Hosting some simple static content」の項目を確認します。

$ docker run --name some-nginx -v /some/content:/usr/share/nginx/html:ro -d nginx

オプションで通常起動と違うのは-vオプションです。
※オプションのroはリードオンリーマウント先のコンテナを読み取り専用にします。

こちらが基本的な構文です。

-v [ホスト側のディレクトリ]:[マウント先のディレクトリ]:[オプション]


コメント