カテゴリー
Linux

グループ管理でよく使うコマンドまとめ

Linuxにはグループという概念があり、グループごとに権限を指定できます。グループ管理でよく使いそうなコマンドをまとめたのでメモ。

Linuxにはグループという概念があり、グループごとに権限を指定できます。
グループ管理でよく使いそうなコマンドをまとめたのでメモ。

グループ一覧を確認

グループ一覧は「/etc/group」に記載されています。lessコマンドでファイルの中を表示します。

# less /etc/group

例)
wheel:x:10:centuser,testuser
※wheelグループにcentuserとtestuserが所属している

ユーザーがどのグループに所属しているか確認する

# groups [ユーザー名]

例)
centuser : centuser wheel
※centuserのサブグループは「wheel」
※プライマリグループはユーザー名のグループになる

ユーザーのグループを変更

# usermod [オプション] [グループ名] [ユーザー名]

●オプション

サブグループにユーザーを追加する(※aを追加しないと上書きになるので同時に指定) -aG
プライマリグループにユーザーを追加する -g
シェルを変更する -s

-aGオプションのaをつけないとこうなる

(1)kobanユーザーのサブグループはcentuserである
(2)Wheelグループに-Gオプション(-aなし)でkobanを追加⇒centuserグループがWheelグループで上書きされる
(3)Wheelグループに-aGオプションでkobanを追加⇒Wheelグループが追加される

グループからユーザーを外す

# gpasswd -d [ユーザー名] [グループ名]

グループを追加する

# groupadd [グループ名]

グループを削除する

# groupdel [グループ名]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です