Linuxでよく使うコマンドまとめ-通常作業

Linux

Linuxで良く使うコマンドをメモ。都度追加していく予定。

SSH接続

ポート番号をデフォルトの22から変更しており、鍵認証で接続する場合。

$ ssh -p [ポート番号] -i [秘密鍵のディレクトリ/id_rsa] [ホスト側ユーザー名]@[IPアドレス]

ファイル・ディレクトリ操作

ディレクトリ作成[mkdir]

# mkdir [ディレクトリ名]

サブディレクトリも作成する場合、[-p]オプションをつける

# mkdir -p [ディレクトリ名/ディレクトリ名]

ファイル作成[touch]

空のファイル作成

# touch [ファイル名]

ファイルやディレクトリの情報を表示[ls]

# ls

詳細表示[-l]、隠しファイルなど全て表示[-a]する場合

# ls -la

更新順に並べる

# ls -tl

ファイルの移動・ファイルの名前変更[mv]

# mv [移動元パス][移動するファイル名] [移動先パス][移動先のファイル名]

別名で同一ディレクトリ内を移動すると名前が変更になる
下記はtest1.txtをtest2.txtにリネームしている

# mv ./dir/test1.txt ./dir/test2.txt

ファイルのコピー

$ cp  [コピーするファイル名] [コピー先のファイル名]

-rをつけるとディレクトリコピーになる。ディレクトリの中身も一緒にコピーされる

$ cp -r mydir mydir2

※ディレクトリ「mydir」を「mydir2」にリネームしてコピー

ローカルからリモートにFTPアップ

ローカル環境からサーバーにディレクトリをアップする。
※秘密鍵が必要でポート番号を指定する場合。

$ scp -i [秘密鍵のディレクトリ/id_rsa] -P [ポート番号] -r [ローカル:ディレクトリ] [ユーザー]@XXX.XXX.XXX.XX:[リモート:ディレクトリ]

ファイルの中身表示[less][cat]

内容が長いファイル内容を表示するには[less]が便利

# less [ファイル名]

短い内容を表示するのは[cat]で表示

# cat [ファイル名]

ファイル作成 [cat]

ファイル内容を表示するコマンドcatの出力先をファイルにリダイレクトすることで、新規ファイルを作成

# cat > [ファイル名]
-入力したい内容
[終了はctrl+D]

※注意!すでにあるファイルに対してリダイレクトすると上書き

空ファイル作成[touch]

# touch [ファイル名]

ファイル検索

ファイルの中身を検索

$ grep [検索文字] -rl [検索するディレクトリ]

削除

ディレクトリの削除[rmdir][rm]

ディレクトリの削除(中身が空じゃないと消せない)

# rmdir [削除するディレクトリのパス]

ディレクトリの削除(中のファイルも同時に削除)

# rm -r [削除するディレクトリのパス]

エラーメッセージを表示しないでディレクトリごと削除(※実行時注意)

# rm -rf

ファイルの削除[rm]

確認メッセージを表示してから削除する

# rm -i [削除するファイルのパス]

ユーザー切り替え

ユーザー名を省略するとrootユーザーに切り替わる。
オプション[-] をつけると環境ごと変更&ホームディレクトリに移動

# su [ユーザー名] -

その他

実行中のアプリ一時停止[ctrl+z]

[fg]コマンドで復帰

# ctrl + z

画面クリア[clear]

# clear

シェルの再起動

$ exec $SHELL -l

コメント